Hill's-Colgate (Japan)
Recruiting Site

ENTRY

お客様のためにイベントも企画。
柔軟な営業スタイルが、
大きなやりがいに。

プロフェッショナル カスタマー・ディベロップメント本部
関西・西日本営業部
森 ちひろ Chihiro Mori
2016年入社
前職:医療情報担当者(MR)

転職先として当社を選んだ理由

MR経験を活かしながら、
より幅広い商材を扱いたい。

以前は製薬メーカーの医療情報担当者(MR)として、ドクターや病院に対して、ある一つの薬の情報提供を長年にわたり行ってきました。患者様の健康を支える責任感や、ドクターや看護師の方々などと、信頼関係を深めていくやりがいのある仕事で、日々充実していました。その一方で、扱う薬や担当する病院が限られている環境にあり、「扱う製品や分野が変わったとしても成果の出せるビジネスパーソンになりたい」、「もっと幅広い製品を扱いたい」、「決められた方法だけではなく、自分のアイデアを生かすことができる環境で、どこまで自分ができるか試してみたい」といった想いが経験を積み重ねるほど強くなっていました。
そんな時に出会ったのがヒルズでした。ここでならば、MRとして病院を対象に情報提供を行ってきた経験がきっと活かせると思いました。また当社の療法食には消費財という一面もありますから、情報提供に加えて、販促企画を考え提案することも可能だという点も魅力的に映りました。また、面接の際に伺った「会社全体で、シェア向上を目指して前向きな変化に取り組んでいる」といったお話もポジティブにとらえることができました。まだまだ未完成かもしれませんが、営業として、自分を試すことができる環境がある。そう実感できたことが、転職の決め手になりました。

仕事の魅力

獣医師先生や飼い主様の「困った」が
販促施策企画のヒントになる。

現在は、獣医師や動物看護師の方々に対して、「プリスクリプション・ダイエット」シリーズや「サイエンス・ダイエット PRO」シリーズなどをご提案しています。担当エリアが兵庫・奈良・和歌山と広いため、アポイントメントの計画的なスケジューリングや時間管理が重要になってきます。しかし、動物病院の先生方はとてもフランクで、情報収集に熱心な方が多いので、お伺いのし甲斐があり、長距離の移動も負担に感じることはありません。
製品のご利用が少ない動物病院に対しては、もっとたくさんの飼い主様に興味を持っていただくためのプレゼント企画などを考えることもあります。また、肥満のワンちゃんが多い病院には、賞品付きの減量コンテストを提案するなど、先生方の「ここに困っている」というご意見をもとに、柔軟な発想で販売促進のための企画を自ら自由に立案できる点も、前職にはなかった面白さだと思っています。ヒルズは社員一人ひとりの裁量が大きいのが特長です。自分らしいスタイルで会社に、そして動物病院・飼い主様・ペットとたくさんの方々に貢献できるやりがいを日々感じています。

One Day Schedule
社員の一日

私を動かす“一粒のパワーワード”

一枚岩で、頑張ろう!

「一枚岩」は、社員が集まる場で当社の代表であるゴードン・デュメシッチが口癖のように発信している、ヒルズの組織作りのキーフレーズです。私たちは現在、社員一丸となって事業変革に取り組んでいる只中にあります。西日本の営業チームは担当エリアも広いので社用車での移動が多いのですが、移動中に九州や名古屋などの仲間とハンズフリー電話で声を掛け合うなど、離れていても仲間との絆を感じながら仕事に取り組んでいます。当社には業界をリードする歴史と実績がありますが、営業メンバーには若手や社歴の浅い人材が多いこともあって、現場にはベンチャーのような熱さがあると思います。
また、たとえば学術知識について分からないことがあれば、獣医師資格を持つ同僚や、社内の学術チームの方に気兼ねなく質問することができます。この仲間同士の一体感と、自然体で支えあえる雰囲気が、私は大好きです。まだ入社1年目でスキルアップが必要な部分もたくさんありますが、もっと専門知識を深め、動物病院の先生方に一層価値のあるご提案ができるようになりたいと思っています。そして企画力を磨きながら成功体験を積み重ね、そのノウハウをチームの仲間にも共有することで、仲間のレベルアップにも貢献していきたい。それが今の私の目標です。

Message from the clinical site
医療現場からのメッセージ

アサヒペットクリニック 院長 岡村 貴世

製品も営業も、創意工夫に富んでいる。

療法食は、健康をサポートする機能が第一ですが、「食べやすさ」も重要だと思っています。その点、ヒルズの製品は、味付けの工夫だけでなく、大型・小型のペットそれぞれに合わせて粒の大小が選べたり、シチュー型の製品が開発されたりと、年々改善がなされています。そのこだわりは非常に好感が持てますし、飼い主様にも喜ばれていますね。
こうした製品の魅力を発信する方法を一緒に考えてくれる森さんの存在も、とても心強く感じています。彼女はとにかく明るくて、いい意味で“遠慮がない”ので、私も気兼ねなく相談ができます。実際、何度も話しあって企画したワンちゃん向けの減量コンテストは、興味を持ってくださる飼い主様も多く、私たちもご案内しやすい内容で本当に助かっています。